夫にも育児に協力してほしいけれど、「どう頼めばいいのかわからない」、子どもと一緒に遊んでもらおうとしたはずが、なぜかケンカになってしまうことも…。そんなときには「絵本」を読んでもらいましょう!

特別なスキルは不要!

 日中は子どもと一緒に過ごせないパパは、育児に参加したくても「何からはじめればいいのかわからない」状態。子どものお気に入りのオモチャや遊び方もわからないので、一緒に遊んでといわれても困ってしまうかもしれません。でも、絵本なら、抱っこしながら読み聞かせてあげるだけでOK!子どもとスキンシップができるし、楽しそうに聞いているわが子の姿を見れば、より育児に関心を示してくれることでしょう。

 パパはママと違って、育児に関する情報が不足していることが多いものです。自分の感覚で「これならできるだろう」と思っていても、意外とこなせないことは珍しくありません。「なんでこんなこともできないの!?」と怒ってしまえば、パパのやる気は失われるばかりです。

まずは定番の昔話から

 パパに読み聞かせをお願するときも、絵本のチョイスはママがするといいでしょう。環境を整えてあげることで、パパも育児に参加しやすくなります。はじめに読んでもらうなら、「桃太郎」などの定番の昔話がおすすめ。自分も内容を知っているから、子どもにも読みすすめやすくなります。

 鬼が島へ向かうシーンでは、男性の方が効果音などを使って臨場感あふれる読み聞かせができることも。動物が登場する作品を選べば、鳴き声をまねして盛りあげてくれるかもしれません。

 慣れてきたら、『はらぺこあおむし』のような現代の定番絵本をすすめてみましょう。子どもに人気が高い作品ですが、夫には新鮮にうつり興味をもってくれることでしょう。

パパのこともほめてのばす!

 夫に絵本を渡すときには、「これならできるでしょ」というフレーズは禁句です。育児にまったく参加する意欲を見せない人だとしても、「お願いする」姿勢を忘れないでください。たとえば、「私が読んでもあまり反応がない。上手に読めないから、あなたにお願いしたいの」など、夫を立てる言い方がおすすめです。

 実際に絵本を読んでもらったら、「やっぱり、パパが読んだ方がよろこんでいるみたい」とほめるのがポイント。ほめられれば悪い気はしないし、自分にも育児参加ができるということを実感してもらえます。

 自分から進んで絵本を読んでくれるようになったらこっちのものです。その流れで寝かしつけをお願いしたり、絵本の前にお風呂を頼んだりと、子どもとパパの時間を増やすことで、ママの時間も確保できます。

 「これをやってほしい」とお願いしないとやってくれない、ほめてあげないとすぐにすねる、まるで大きな子どものような夫もいるでしょう。そんな夫をイクメンに育てることは、育児と共通点があるかもしれませんね。